丹波口

丹波口
たんばぐち

京都市街から西の桂川を渡り老ノ坂を越える丹波地方への起点。中世には七条大路の西端に街道が続いていたため、大宮大路との交差点西に「西七条口」という関所があり、この付近が丹波口といわれる。御土居の洛外への西南出入口にあたり交通の要衝。現在、JR山陰線「丹波口」駅がある。七口の一つ。

「京の用語集」一覧に戻る