大将軍

大将軍
たいしょうぐん

北区の最南端、西大路一条から南一帯の市街地の名。近くの上京区にある大将軍八神社が地名の起こり。大将軍とは陰陽道にいう西方の神の意。古くは典型的な近郊農村だった。1918年(大正7)京都市に編入後、急速に都市化した。市バス大将軍一帯。

「京の用語集」一覧に戻る