こう

主に東南アジアから輸入された香木や漢薬香料を調合して作られる。現在ではお茶席で用いられる練香や、常温で香りのする匂い袋、仏事やお祝い事などに使われる線香などがある。線香の製造技術は400年ほど前に日本に伝えられ、京都では現在でもその技法で線香づくりがなされているところがある。

「京の用語集」一覧に戻る