杉坂

杉坂
すぎさか

北区杉坂。都心から北北西へ約20キロの山間の村落の名。平安の三蹟といわれる小野道風を祭る道風神社がある。隣接の中川、小野郷と同様、古くから木材の産地で、江戸時代には仙洞御料(幕府が上皇に一代限り献上する領地)だった。1948年(昭和23)京都市に編入。JRバス杉坂口一帯。

「京の用語集」一覧に戻る