聚楽廻

聚楽廻
じゅらくまわり

中京区聚楽廻の地域、千本丸太町の南西一帯の地名。豊臣秀吉が1587年(天正15)、大内裏旧跡に築いた城郭「聚楽第」の南西部にあり、当時から聚楽廻とも呼ばれていた。江戸時代にはこの辺りに京都所司代与力や同心の屋敷があった。市バス千本丸太町・南西一帯。

「京の用語集」一覧に戻る