静原

静原
しずはら

左京区静市静原町。京都市北部の鞍馬と大原の間にある山里の地名。平家物語には後白河法皇がここを通って大原へ御幸されたり、平治の乱に敗れた悪源太義平がこの地に隠棲したなどの記録が残っている。1949年(昭和24)京都市に編入。京都バス静原一帯。

「京の用語集」一覧に戻る