鹿ケ谷

鹿ケ谷
ししがたに

左京区東南、如意ケ嶽ふもと一帯の住宅地帯の名。平安前期の高僧・円珍が山中で道に迷い、鹿に助けられたことから名付けられた地名。古くから貴人の山荘や寺院が多かった。僧・俊寛が平家打倒の密議をこらしたのもここ。市バス上宮ノ前町一帯。

「京の用語集」一覧に戻る