嵯峨野

嵯峨野
さがの

右京区太秦の西、桂川の北付近に広がる広い住宅地域の名。優れた風物が好まれ、平安時代には天皇、大宮人たちの絶好の遊猟、行楽地だった。1931年(昭和6)京都市に編入。さらに1970年(昭和45)新丸太町通が開通してから急速に発展した。京福電車有栖川一帯。

「京の用語集」一覧に戻る