玄琢

玄琢
げんたく

北区鷹峯の東方にある地名。江戸初期、御典医・野間玄琢が居を構えていたのが地名の始まり。玄琢は徳川2代将軍秀忠や後水尾天皇の中宮・和子の侍医を勤めた名医。鷹峯の常照寺に近い竹林の中に墓が残っている。現在は静かな住宅街。市バス玄琢一帯。

「京の用語集」一覧に戻る