蹴上

蹴上
けあげ

東山区の北東部、京都市蹴上浄水場付近一帯の地名。牛若丸の奥州くだりにまつわる騒動が地名の起こりと伝える。昔は京都の東玄関口で、多くの茶店が軒を連ねていた。1890年(明治23)疏水の工事が完成してから、急速に発展した。わが国最初の発電所がある。

「京の用語集」一覧に戻る