栗栖野

栗栖野
くるすの

「くりすの」とも読む。山科区南西部の山科川と旧安祥寺川に挟まれた丘陵地一帯の地名。1931年(昭和6)京都市に編入。今は住宅街となり人家が密集。一帯の発掘調査で縄文後期以後の古代遺跡が判明。なお北区鷹峯方面にも同じ名をとどめる所がある。京阪バス栗栖野一帯。

「京の用語集」一覧に戻る