京人形

京人形
きょうにんぎょう

災厄(さいやく)を身代わりしてくれるものとして、また愛玩(あいがん)用として日本人の生活に深いかかわりを持ってきた人形。京人形は、平安時代(8末~12世紀)、貴族の子供たちの遊び道具であった「ひいな人形」がその起源だといわれ、今日では、浮世人形、雛人形、五月人形、御所人形、市松人形など多くの種類が作られています。頭(かしら)、髪付け(かみつけ)、手足、小道具、着付(雛人形)などに製造工程が分業化されているのが特徴です。技術の高さと、細部まで丁寧に仕上げる伝統が高く評価されています。

「京の用語集」一覧に戻る