雲ケ畑

雲ケ畑
くもがはた

北区上賀茂から北へ12~13キロ、鴨川の源流・雲ケ畑川を挟んだ山間に広がる地域の名。古来から林業が盛ん。平安時代から大内裏修理職領、江戸時代には仙洞御所領となり皇室との関係が深い。地名の起源に諸説。1949年(昭和24)京都市に編入。雲ヶ畑バス雲ヶ畑岩屋橋一帯。

「京の用語集」一覧に戻る