京橋

京橋
きょうばし

伏見区中南部にある地名。江戸期には一帯は淀川を下る三十石船や、高瀬舟がひしめき、京・大坂をつなぐ水陸交通の要地として発展し、旅篭、荷物問屋の町を形成していた。1928年(昭和3)に奈良電鉄(現近鉄)が開通するまでは伏見の代表的な商店街であった。市バス京橋一帯。

「京の用語集」一覧に戻る