北白川

北白川
きたしらかわ

左京区・銀閣寺の北に広がる地域の名。閑静な住宅地で文化人や学者が多く好んで住んでいる。古来から京と近江を結ぶ山中越えの街道筋として開けた集落。白川石(花崗岩)の産地でもある。1918年(大正7)京都市に編入。市バス北白川校前一帯。

「京の用語集」一覧に戻る