祇園

祇園
ぎおん

一般に祇園町という。東は八坂神社、南は建仁寺、西は鴨川付近、北は新橋通の広い地域の名。鎌倉時代から祇園社(八坂神社)の門前町として開けたが、江戸時代からは遊興の町として発展。花街を中心に高級料亭やスナックが密集して一大繁華街になっている。京阪電車祇園四条・東一帯。

「京の用語集」一覧に戻る