上終町

上終町
かみはてちょう

左京区北白川上終町。白川通と東鞍馬口通の交差付近の地名。現在は、閑静な住宅地。1918年(大正7)京都市に編入の際、北白川地域の最北端の町という意味で名付けられた。縄文式土器の遺跡群落として知られる。市バス上終町京都造形芸大前一帯。

「京の用語集」一覧に戻る