帷子の辻

帷子の辻
かたびらのつじ

右京区太秦の西の繁華な地域。京福電鉄の嵐山本線と北野線が分岐する交通の要衝。平安初期、嵯峨天皇の壇林皇后を葬送の時、棺を覆った帷子が風に吹かれて飛び散ったことからその名がついたという。1931年(昭和6)京都市に編入。京福電車帷子ノ辻一帯。

「京の用語集」一覧に戻る