京扇子

京扇子
きょうせんす

扇子(せんす)は、日本で生まれ中国やヨーロッパにまで伝わった工芸品です。京都はその発祥の地だといわれています。平安時代初期(9世紀頃)からつくられはじめ、16世紀頃には現在のような技法が確立されました。茶道、香道(こうどう)、舞踊(ぶよう)などの文化が花開いた京都だからこそ発達した工芸品だといえます。京扇子(きょうせんす)には非常に多くの種類があり、形状、素材など用途に応じた美のかたちが追求されています。木板を束ねた板扇(いたおうぎ)と竹を骨にして紙や絹を貼った貼扇(はりおうぎ)とに大別されます。

「京の用語集」一覧に戻る