追分

追分
おいわけ

京都市の最東端、逢坂山の西ふもとの地域で山科区と大津市にまたがっている地名。正しくは山科区側が八軒屋敷町・髭茶屋屋敷町、大津市側が追分町である。東海道(三条街道)と奈良街道の分岐点に当たるのが地名の起源。現在は西大津バイパスの起点になっている。

「京の用語集」一覧に戻る