円町

円町
えんまち

中京区西ノ京円町。西ノ京地域で代表的な商店地帯の名。江戸時代は西京村と呼ばれ、村の民家はここに集まっていた。1918年(大正7)京都市に編入。昭和初期、付近に市電が開通し丸太町線西端、西大路線北端のターミナルとしてさらに発展した。市バス西ノ京円町一帯。

「京の用語集」一覧に戻る