梅津

梅津
うめづ

右京区南西部の梅宮大社を中心とした市街の名。西は桂川に接し、地域の真ん中を四条通が走る。古くは保津川(桂川)を利用して搬出された木材の揚陸地として栄えた。戦国時代にはしばしば戦場となる。文学上では梅の香ただよう里として好まれた。市バス梅津段町一帯。

「京の用語集」一覧に戻る