今熊野

今熊野
いまくまの

東山区の智積院から南、泉涌寺付近までの広い地域の名。1160年(永暦1)、後白河上皇が熊野神を勧請して新熊野(いまくまの)神社を鎮座したのが地名の起こり。JR東海道線や新幹線の東山トンネルはここが西の起点。市バス今熊野一帯。

「京の用語集」一覧に戻る