市原

市原
いちはら

左京区の北部に細長く開けた小盆地の山村。地名は静市市原町。平安時代は絶好の狩猟地だった。古今著聞集に「鞍馬詣での人が帰りに盗賊に衣類をはぎ取られたうえ負傷した」と記されている辺地だった。昭和30年代(1955~)に入り住宅街へと変貌した。叡山電車市原一帯。

「京の用語集」一覧に戻る