出雲路

出雲路
いずもじ

北区南東部の地名。賀茂川の西岸で鞍馬口通を挟む南北の地域。古代氏族・出雲氏がここに住み、鎮守社・出雲井於神社があった。これらが地名の由来。1918年(大正7)京都市に編入。市バス出雲路橋一帯。

「京の用語集」一覧に戻る