粟田口

粟田口
あわたぐち

洛中から三条大橋以東の東海・東山・北陸三道への出口、または市中への入口。京の七口の一つで三条口・三条橋口・大津口とも。粟田口は軍事上の要衝で、鎌倉期以降は刀工粟田口鍛冶の居住地。七口は室町期に関銭徴収した所。

「京の用語集」一覧に戻る