嵐山

嵐山
あらしやま

右京区と西京区にまたがり、渡月橋の西にそびえる山。標高381.5メートル。国の史跡名勝。古くから嵐山は歌枕として多くの歌に詠まれているように、春は桜、秋は紅葉の名所として有名。山腹に岩田山自然遊園地や虚空蔵法輪寺がある。また桂川両岸一帯を含めて嵐山と呼ばれており、早くから公園整備がおこなわれてきた。京福電車、阪急電車嵐山一帯。

「京の用語集」一覧に戻る