千枚漬

千枚漬
せんまいづけ

聖護院かぶらを薄く切り、間に昆布をはさみ、壬生菜と塩漬けし、タカノツメも入れる。昆布は砂糖・酢・みりんなどで調味し1週間ほどで仕上がる。京漬物の一つ。慶応年間(1865-68)御所づとめをした中京区の大藤藤三郎が独特の風味をもつ宮中風の漬物に仕上げた。

「京の用語集」一覧に戻る