京湯葉

京湯葉
きょうゆば

豆乳を煮立て上面に生じた薄皮を細い竹で引き上げた蛋白質に富む食品。中世以来の京名物のひとつ。できたてを生湯葉・引きあげ湯葉、乾燥させたものを干し湯葉といい寺院を中心に利用が多い。

「京の用語集」一覧に戻る