京すまし

京すまし
きょうすまし

赤かぶらの漬物。京都市農協山科支部の新特産。忠臣蔵で山科ゆかりの大石内蔵助が播洲赤穂から送られた塩で赤かぶらを漬け、故郷を懐かしんだという逸話にちなみ1985年(昭和60)ごろから有機質栽培で生産。漬物は歯切れ良く中までピンク色。

「京の用語集」一覧に戻る