懐石料理

懐石料理
かいせきりょうり

懐石は修行中の禅僧が寒さや空腹をしのぐ目的で温石を懐中に入れたことから、客人をもてなしたいが食べるものがなく、せめてもの空腹しのぎにと温めた石を渡し、客の懐にいれてもらったことからとか。茶の湯で茶を出す前に出す簡素な料理。禅寺で始まり千利休が茶事の料理に取り入れた。茶懐石ともいう。材料は旬のものを使い、濃い調味料・強い香辛料を避け材料の持ち味を生かす。酒宴の席の豪華な会席料理とは異なる。

「京の用語集」一覧に戻る