みだれ髪

みだれ髪
みだれがみ

与謝野晶子の歌集。明治34年刊行。与謝野寛との激しい恋愛は二度の遊洛で頂点をなし、その過程で生まれた情熱歌は多くの題材を京都に求め、彼女の代表作となった。永観堂や鞍馬山・清滝に建つ歌碑は、この歌集の歌による。

「京の用語集」一覧に戻る