枕草子

枕草子
まくらのそうし

平安中期の清少納言の随筆。正暦4年~長保2年(993~1000)頃の成立。一条天皇の皇后定子に仕えた宮中生活を中心に、物はづけ的な段、名所を語る段、自然鑑賞・随想・日記的な段などといった内容、約300余段からなり、当時の京都における貴族の生活、四季の行事、風物などがうかがえる。

「京の用語集」一覧に戻る