嵯峨日記

嵯峨日記
さがにっき

松尾芭蕉著。宝暦3年(1753)刊。芭蕉が元禄4年(1691)4月18日から5月4日まで、嵯峨の向井去来の別荘落柿舎(らくししゃ)に滞在した時の日記。芭蕉の日常生活や、去来・野沢凡兆・川井乙州・河合曾良など蕉門諸家との交渉・追憶を記す。

「京の用語集」一覧に戻る