古今和歌集

古今和歌集
こきんわかしゅう

日本最初の勅撰和歌集。20巻。撰者は紀(きの)友則・紀貫之・凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)・壬生忠岑(みぶのただみね)。延喜五年(905)醍醐天皇の勅命で同13年頃完成(異説もある)。歌数約1100首。宮廷のほか、くらぶ山(鞍馬山)、雲林院、志賀の山越え、花山など洛中洛外で詠んだ歌も多い。

「京の用語集」一覧に戻る