源氏物語

源氏物語
げんじものがたり

紫式部の書いた平安中期の長篇物語。日本古典文学の傑作の一つ。54帖から成る。長保3年(1001)以後執筆が始められた。光源氏の一生を語る前半41巻とその子薫(かおる)を中心に語られる後半13巻とに大別する。物語の舞台は禁裏を含めた京都とその周辺がほとんど。夕顔の巻では五条やなにがしの院(河原院)、若葉の巻では北山、葵の巻では賀茂の祭、一条大路、松風の巻では嵯峨野・桂や大堰の山荘、野分の巻では六条院、行幸(みゆき)の巻では大原野、藤袴の巻では賀茂の川原、夕霧の巻では洛北小野の山荘、橋姫の巻以下、最終巻の夢の浮橋の巻までの10巻は宇治十帖と称し、宇治を中心とする(夢の浮橋は横川・小野)など、洛中洛外を舞台とする。宇治市にある源氏物語ミュージアムには、「源氏物語」に関する資料、展示室などがある。

「京の用語集」一覧に戻る