蜻蛉日記

蜻蛉日記
かげろうにっき

藤原道綱母によって書かれた天暦8年(954)から天延2年(974)の21年間の日記。3巻。作者に藤原兼家が通い始めた時の贈答歌から書き出し、夫兼家が作者を疎んずる事情など、その結婚生活の経緯が書かれている。書名は、「あるかなきかの心ちする、かげろふのにきといふべし」による。「歎きつゝひとりぬる夜のあくるまはいかにひさしきものとかはしる」は有名。

「京の用語集」一覧に戻る