六条執念

六条執念
ろくじょうしゅうねん

木々高太郎作。源氏物語の六条御息所を彷彿させる男女の愛憎劇。脳溢血で倒れた女は不死鳥のように意識を取り戻しては男を責め続け、男はついに女の口を手で覆ってしまう。

「京の用語集」一覧に戻る