檸檬

檸檬
れもん

小説家梶井基次郎の処女作。大正14年同人誌「青空」に発表されたこの短編は、京都の学生街から生まれた数少ない作品のひとつ。簡潔な描写の詩情豊かな佳品である。

「京の用語集」一覧に戻る