羅生門

羅生門
らしょうもん

芥川龍之介の処女作。大正4年「帝国文学」に発表された。「今昔物語」を元にし、荒廃した平安京の羅生門を舞台に、生きるために悪事を行う人間のエゴイズムを描いた作品。

「京の用語集」一覧に戻る