夜の河

夜の河
よるのかわ

澤野久雄の2度目の芥川賞候補作。京染の町に生き、斬新なアイデアと技量を持つ女職人が主人公。秘めた愛と仕事を両立させクールな生き方を目指す、京女の内面を描いたもの。

「京の用語集」一覧に戻る