夢之華

夢之華
ゆめのはな

与謝野晶子の歌集。晶子は明治34年、与謝野寛と東山の粟田の宿に投宿。ふたりを急速に近づける契機となり、晶子が彼女らしい歌を詠み始める契機ともなった。

「京の用語集」一覧に戻る