京くみひも

京くみひも
きょうくみひも

京都でくみひもの生産がはじまったのは、平安建都(794年)の頃。武具の飾り、羽織(はおり)のひも、帯締(おびじめ)や神仏具など時代とともに様々な用途に使われ、発展していきました。京くみひもは丸台を使った丸ひもなど、基本的なものだけで約40種類、模様などバリエーションを含めると3千種を超えます。一つひとつに、歴史が育んだ京の美意識が表現されています。

「京の用語集」一覧に戻る