身投げ救助業

身投げ救助業
みなげきゅうじょぎょう

菊池寛の短編小説。大正5年「新思潮」に発表。岡崎の疏水べりで身投げを助けては褒美を貰い蓄えていた老婆が、その金を持ち逃げされ身投げするが助けられてしまう。

「京の用語集」一覧に戻る