ほたる

織田作之助の歴史小説。昭和19年発表。舞台は幕末の伏見、寺田屋。龍馬の妻お龍を養女にした女将の、ひたすら明るく生き抜く姿を描いたユニークな短編小説である。

「京の用語集」一覧に戻る