不機嫌な恋人

不機嫌な恋人
ふきげんなこいびと

田辺聖子の恋愛小説。平安朝を舞台に和泉式部を彷彿させる才色兼備の女房を主人公に田辺が自由闊達な筆を振るっている。「終った途端に恋は実在する」。味わい深い言葉。

「京の用語集」一覧に戻る