秀吉と利休

秀吉と利休
ひでよしとりきゅう

野上彌生子の代表作。昭和37~38年。千利休は秀吉の茶道の師であった。秀吉が天下を取った後、その関係は逆転して主従となり、悲劇は訪れた。その葛藤を描く作品である。

「京の用語集」一覧に戻る