春の絵巻

春の絵巻
はるのえまき

中谷孝雄作。昭和9年発表。自らの三高時代の体験を淡々と客観的に描写したもので、保津川で身を投げた同級生の死を底流に、青春の意味を問い直した作品である。

「京の用語集」一覧に戻る