暖簾

暖簾
のれん

真下五一の代表作。昭和14年発表で芥川賞候補となった。下京の老舗の婿養子で、暖簾を守るための養家の因習に耐え難い思いをしている青年教師の目から見た京都。

「京の用語集」一覧に戻る