でんとんしゃん

でんとんしゃん
でんとんしゃん

昭和62年、阪田寛夫作。「世界のベストは日本、日本のベストは京都、京都のベストは同志社」。同志社の名物だったデントン女史に感化を受けた阪田の母の生涯を語った作品。

「京の用語集」一覧に戻る